読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株主優待、IPOを実際に取るブログ

株主優待、IPOを手に入れたい!実際に取って生活に活かします。

クロス取引に強い味方になった! 楽天証券 一般信用 短期、無期限取り扱い開始

2016年12月19日から一般信用で「短期」と「無期限」の売建の取扱いを開始

 信用取引サービスに一般信用売建の返済期限が14日の「短期」と「無期限」の2種類が追加になります。

短期はSBI証券の短期5営業日より長い14日になります。

しかも、返済期限、無期限があるのでこれは大きいです。

楽天証券の手数料はどうなっている?

クロス取引で重要なのが手数料。

超割コースというのがあります。

 

現物取引手数料  
約定金額 手数料
10万円まで 139円(150円)
20万円まで 185円(199円)
50万円まで 272円(293円)
100万円まで 487円(525円)
150万円まで 582円(628円)
3000万円まで 921円(994円)
3000万円超 973円(1050円)

 

信用取引手数料  
約定金額 手数料
約定金額にかかわらず 360円(388円)

SBI証券と比べると現物取引は遜色ありません。信用取引の手数料が360円固定というのが少し残念ですね。

また、ポイントバックプログラムがあります。

国内株式手数料コースを超割コースにするだけで、取引手数料の1%をポイントバックします。

楽天ポイントなどに換えれるのでこれはお得です。

マーケットスピード

楽天証券は前々から取引しているのですが、株取引ツールではかなり強力なのがマーケットスピードです。

 クロス取引で制度信用をするときに有効になるのが逆日歩なのですが

マーケットスピードは過去の逆日歩を確認できるのですごく有効ですね。

ただで日経が見れる

マーケットスピードを使えば日経テレコン楽天証券版)を見る事ができます。これは日経新聞と同じ内容なのでいわばただで日経新聞を読むことができるんですよね。

ここまでただとりできてしまいます。

スマホ版マーケットスピードiSpeedでも日経テレコンが見れるようになったのでこれは凄いですね。絶対使いたいです。

日経テレコン楽天証券版)でご提供しているサービス

 

マーケットスピードは利用料がかかるが条件を満たせばいい
ご利用料は2,500円(税込2,700円)/利用期間3カ月間(申請時に利用料相当額の残高が必要です)ですが、お客様のお取引実績や口座状況に応じて、無料でご利用いただくことができます。
  • 信用口座、先物オプション取引口座、楽天FX取引口座を開設(※1)
  • いずれかが開設済み
  • お預り資産残高30万円以上(※2)
  • ご利用申請の前営業日時点で30万円以上
  • 申請時の預り金残高が30万円以上(※3)
  • 当日のご入金を含み、ご利用申請時点で預り金残高30万円以上(外貨除く)

クロス取引をするなら信用口座の開設は必須なので問題ないですね!

楽天証券がこれからは強い味方になりそうです!